FC2ブログ
豪華にお安くをモットーに、フロリダ・ウォルト・ディズニー・ワールドへの旅行をサポートします。 個人で旅行を手配するノウハウや、様々な情報をお伝えしていきます。
この燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)と言うもの、未だに良く理解できません。燃料代あがっているのはわかりますが、北米だとかなりの金額になります。アメリカと日本の航空会社では金額が異なる、日本の国内線はかからない・・・・やっぱり良くわかりません。

このサーチャージがまた値上げです。日本の航空会社の場合、北米は1/31までだと10,500円、これが2/1以降は、なんと片道14,000円!! いくらなんでもやりすぎなんじゃないでしょうか・・・・
ちなみにこの価格、3月末までは同じです。4月以降、上がるか下がるかは原油価格によります。

ちなみにこのサーチャージ、シンガポールケロシン市場価格の平均で決まります。ケロシンとはジェット燃料のことです。ちなみに、灯油と同じような油です。

ここを参照して、数値に42を掛けるとバレルあたりのドル金額になります。これが60ドルでサーチャージは廃止だとか・・・・
当分はなくなりそうにないですね。
スポンサーサイト




【2011/01/11 23:58】 | 旅のTips
トラックバック(1) |
ニューヨーク グランドゼロ


オーランドまでの直行便はありません。必然的に、アメリカ国内のどこかで乗り換えることになります。ストップオーバーのコラムでも書きましたが、経由地は利用する航空会社によって異なります。(必然的に直行便が飛んでいる先になりますから)

オーランドは東海岸ですから、メジャーな経由地は、ニューヨークかワシントンDCでしょう。その他、アメリカにはいろいろなハブ空港がありますから、経由地でストップオーバーしないなら、お値段だけで決めればよいと思います。

このストップオーバーですが、私の経験(反省)から申し上げると、あまり欲張らないことです。NYもDCも、それだけが目的で行かれる人がいる場所です。見所もたくさんあります。1泊や2泊でどうにかなる場所ではありません。また、二兎追うものは一兎をも得ずです。オーランドが目的であれば、オーランドを十分堪能するような行程を組んだほうが良いと思います。

特にストップオーバーの場合、空港からダウンタウン(ホテル)までの交通費もばかになりません。NYもDCも、タクシーなら50~60ドルくらいかかります。これが往復必要です。特にNYはホテルが相当高額です。たいしたホテルでもないのに、1泊200ドルくらいするところがたくさんあります。勿論見所はたくさんあるのですが、ストップオーバーは行きか帰りのどちらか片方でよいのでは?と思っています。

ちなみに私の推奨は、行きはオーランドまでがんばって移動。(時差ボケの修正は、最初にいかに寝ないで夜までがんばるかがポイントです。オーランドまでくたくたになるまでなるべく寝ないでがんばりましょう。)帰りはDCでストップオーバーします。2泊が理想です。

ホワイトハウス


DCは見るべき場所がわかりやすく地下鉄でつながっていて、2泊あればかなり見られます。特に、スミソニアンは子供に最適です。また、ホワイトハウスを中心とした地区は、テレビにちょくちょく出でくるので、子供もそのたびに得意げです。



【2010/09/13 23:40】 | 旅のTips
トラックバック(0) |
航空機搭乗の際、手荷物として預けられる重さは決まっています。航空会社毎に異なると思うのですが、20kg程度が一般的でしょう。チェックインの際に預ける荷物は、20kgまでは無料と言うことです。

海外の方を見ていると、やたらに大きな段ボール箱をカートに乗せていますが、航空会社の規定を調べると、例えばANAでは3辺の合計が203cm以内と言う規定があります。これって、段ボール箱としたら相当に大きいサイズです。

以前、みかん箱2つ分くらいの大きさで、重さが10kg程度の荷物を、アメリカからUPSで送ったところ、航空貨物なので送料が2万円でした。後に、これは間違っていたと気付き、それからは割と大きめの荷物でも、飛行機で持ち帰るようにしています。アウトレットやブランド店のバーゲンセールなどで、ついつい買いすぎてスーツケースに入りきれないという経験は誰でもあるはずです。そんな時は、最初から段ボール箱に詰めて持って帰ることを前提にしましょう。但しレンタカーは必須です。空港までレンタカーで乗り付け、荷物を降ろしてレンタカーを返してからチェックインします。成田に着いたらそのまま宅配便カウンターで荷物を預けます。成田空港からの発想は、ちょっと割高ですが、でもアメリカから送るよりははるかに安く持ち帰れます。

余談ですが、家族3人でアメリカ国内のトランジットの時、私と家内と子供の荷物を一つのスーツケースに納めてチェックインしたところ、そのスーツケースが20kgを超えていて、追加費用としてその場で20ドル請求されました。家族3人だから合計60kgではありません。あくまでも、20kg以下の荷物3個です。いくら文句言っても相手にされません。皆さんもお気を付けを。



【2010/09/02 11:04】 | 旅のTips
トラックバック(0) |
周遊チケットでオーランドまで飛ぶ場合と、国際線と国内線を別々に購入する場合と、どちらが安いかを良く検討してください。余程破格の周遊チケットでもない限り、円高ですから別々購入のほうが恐らくお徳です。ここでは、国際線で到着したアメリカ国内空港からオーランドのチケットを自力で取得する方法として、昨日記載したYahoo Travelを使ったアメリカ国内航空券の予約方法を、もう少し詳しく説明します。

例として、ニューヨークのJFK空港(JFK)を10/1に出発し、オーランド空港(MCO)を10/10に出発する往復チケットを予約します。
まずは、Yahoo Travelの”Flight"にて、上記データを入力して検索します。→検索結果

"Roundtrip Price"が往復の料金です。現時点では、デルタが$158(Tax込みで$186)が最安値です。円換算で1万6千円弱ですから、かなりお安いと思います。ちなみにこれは、航空会社が販売する正規の割引チケットのお値段です。周遊チケットより、単純往復にこのチケットを加えたほうがお安いのでは?

このチケットの購入は、このページからも出来ますし、航空会社のWebサイト(上記例ではデルタ)にて、表示された条件で購入が出来ます。出発JFK、行先MCO、日付をそれぞれ入れて検索してください。もちろん、座席もオンラインで入りますから安心です。決済にはクレジットカードが必要です。

すべてWebでできます。最終的に決済しなければ、購入することになりませんので、座席残数の確認や、各便の空き状況等の情報も自由に取れます。また、マイラーの方は、目的のグループ航空会社が乗り入れているか、どのハブを使うかもYahoo Travelでいろいろ試せばわかるはずです。



【2010/08/27 03:36】 | 旅のTips
トラックバック(0) |
現時点でドルが85円を割っています。

冷静に考えたらすごいことです。ちょっと前までは120円で考えていましたから。
この恩恵を受けるなら、やっぱり海外旅行ですね。しかもドル建てで決済です。

円建て、すなわち日本の業者さんが入ると、為替差益を自分たちの利益にしようとしますから、なかなか旅行者が恩恵は受けられません。(一部のデフレを追求する格安旅行会社さんは別ですが)ホテル料金、航空機運賃、レンタカー、チケット関連など、円建て決済は、ぼったくられていないかくれぐれもご注意ください。

航空運賃は、国際線はドル決済というわけにはいきませんが、アメリカ国内の航空券はドル決済しましょう。国際線のチケットも、周遊チケットでアメリカ国内のハブ空港からオーランドのチケットが含まれていれば別ですが、そうでない場合、もしくは周遊よりハブまでの単純往復+ハブからオーランドのチケットのほうが安ければ、ハブからオーランドは、Webで簡単に購入できるので、自身で購入しましょう。これには、USのYahoo Travelのページで航空券を探すのが楽です。各航空会社の一覧表示により、空席と最も安いチケットがすぐ見つかります。その情報をもとに、航空会社のWebでドル建てで購入ができます。各航空会社のWebページは、ほとんど日本語バージョンがありますから簡単です。Yahoo Travel



ホテルもYahoo Travelで調べられます。そのまま予約もできます。当然ドル決済です。
このブログで推奨しているバケーションレンタルも、当然ドル決済です。フロリダのウォルト・ディズニー・ワールド近くのプール付き・3ベッドルームの一戸建ての1週間宿泊が総支払い$680と言うことは、円換算で58,000円です。信じられません・・・・



【2010/08/26 23:36】 | 旅のTips
トラックバック(0) |