FC2ブログ
豪華にお安くをモットーに、フロリダ・ウォルト・ディズニー・ワールドへの旅行をサポートします。 個人で旅行を手配するノウハウや、様々な情報をお伝えしていきます。
スター・ツアーズ2

「米娯楽・メディアのウォルト・ディズニーは23日、米国で展開するテーマパークで、来年にかけて10以上の新アトラクションを導入すると発表した。世界的に景気が底入れしつつあることを背景に、増加傾向の観光客を取り込む。」とのニュースが。

この新しいアトラクションは、米国や日本で公開予定のグリム童話を原作とした映画「塔の上のラプンツェル」で、主人公の女の子が暮らす塔が今年10月にカリフォルニア、フロリダ両州のパークにお目見え。来年には映画スター・ウォーズの世界を3D映像で楽しめる「スター・ツアーズ」も全面刷新して登場。

ウォルト・ディズニー・ワールドでもスター・ツアーズは、今では閑古鳥鳴いていますからね。本来は面白いアトラクションですから、コンテンツ入れ替えればまた大人気になるでしょう。しかも今度は3Dです。日本に来る前に、是非アメリカで見ましょう!

スター・ツアーズ2の一部映像





スター・ツアーズ2製作発表の様子 ダースベーダーも登場

【2010/09/26 22:52】 | ディズニーワールド
トラックバック(0) |
テストトラック1

ウォルト・ディズニー・ワールドのエプコットにあるディズニー最速のライドです。最高時速105Kmでコースを走ります。ちなみに、ここにしかないライドです。ゲストは、テストドライバーとして車に乗り込む設定です。アメリカだけあって、スポンサーはGMです。

テストは、ブレーキテスト、衝突テスト、耐熱耐寒など7つのテストを体験します。そして最後は、オーバルコースを一気に加速します。

小さなお子さんも、1mちょっとあれば乗れますので、十分に楽しむことができます。但し、最初の建物の中の各テストでは、車がかなり激しい動きをしますのでご注意ください。

最後の直線の加速は結構気持ちいいです。絶叫系と言うほどのアトラクションでもないので、ジェットコースター系がダメな方でも楽しめます。

テストトラック2




【2010/09/25 22:58】 | ディズニーワールド
トラックバック(0) |
スタジオ1

ウォルト・ディズニー・ワールドにしかないMGMスタジオにある映画の特殊撮影の裏側を紹介するツアーです。トラムに乗って、色々な映画のセットを巡る、お隣のナントカスタジオにあったようなアトラクションです。
最初は、映画のセットはパールハーバーの撮影シーンの再現をしてくれます。選ばれたゲストも参加して、空からの銃撃や洪水のシーンを再現します。選ばれたゲストはポンチョを着させてもらえますが、水の量が半端じゃないのですごいことになってしまいます。

次にトラムに乗り込みます。最初は特殊撮影の様子や実際に映画で使われた小道具や、小道具の係りの方が実際に作業をしている場所をガラス越しにを見学します。
その後、カタストロフィ・キャニオンのセットでのショーです。ここでは大地震、大爆発、そして大洪水が目の前で起こります。爆発の熱が伝わってきて、かなり迫力のあるアトラクションです。洪水や爆発はトラムの左側で発生しますので、左に座ったほうが迫力があります。でも濡れます。

映画で使った大道具小道具は見ものです。例えば写真の骸骨の檻。パイレーツオブカリビアン・デッドマンズチェストで使われていましたよね。その他、スターウォーズのダースベーダーがいたり、エイリアンやサルの惑星のフィギアなんかもあります。
スタジオ2




【2010/09/24 22:25】 | ディズニーワールド
トラックバック(0) |
サファリ2


アニマルキングダムにある、サファリを実体験できるアトラクションです。アニマルキングダムでの人気No.1です。もちろん、ウォルト・ディズニー・ワールドにしかないアトラクションです。

何百もの野生動物が暮らしている40万平方メートルのエリアを32人乗りオープンタイプのサファリトラックに乗って旅します。一見、ジャングルクルーズのアフリカ版か思いきや、全く違うのは登場する動物が全部本物だって言うことです。サファリパークは日本にもありますが、やはりディズニーのはちょっと違います。後半は。密猟者が出てきたり、見せ方に色々な工夫があります。

生きている動物が相手ですから、毎回同じシーンは見られません。活発に動いている動物もいますが、ライオンはごろごろ寝ていて動いていないこともあります。どうも朝のほうが動物が活発に動いているようですね。パークに着いたら即並ぶほうがいいかもしれません。

サファリ1



サファリ2

アニマルキングダムにある、サファリを実体験できるアトラクションです。アニマルキングダムでの人気No.1です。もちろん、ここにしかないアトラクションです。

何百もの野生動物が暮らしている40万平方メートルのエリアを32人乗りオープンタイプのサファリトラックに乗って旅します。一見、ジャングルクルーズのアフリカ版か思いきや、全く違うのは登場する動物が全部本物だって言うことです。サファリパークは日本にもありますが、やはりディズニーのはちょっと違います。後半は。密猟者が出てきたり、見せ方に色々な工夫があります。

生きている動物が相手ですから、毎回同じシーンは見られません。活発に動いている動物もいますが、ライオンはごろごろ寝ていて動いていないこともあります。どうも朝のほうが動物が活発に動いているようですね。パークに着いたら即並ぶほうがいいかもしれません。

サファリ1





追記を閉じる▲

【2010/09/23 23:14】 | ディズニーワールド
トラックバック(0) |
ソアリン


TDLでは経験できないアトラクションをいくつか紹介していきます。
最初は、私のイチオシ、ソアリンです。これは、ウォルト・ディズニー・ワールド(WDW)のエプコットのランド館と、アナハイムのカリフォルニアアドベンチャーにあるアトラクションです。
ゲストがハングライダーに乗り、カリフォルニアを飛行する想定です。3Dではないのですが、ハングライダー型のライドでIMAXの大画面を見せられながら風を受けていると、実際に飛行しているようでものすごい臨場感があります。ヨセミテの 大渓谷、サンフランシスコのゴールデンゲート・ブリッジ、夜のロス等を飛行できます。
途中でゴルフボールにぶつかりそうになったり、ちょっとした小技も聞いています。絶叫系のライドは苦手と言う方にも十分楽しめますし、うちの小学生低学年の息子も大喜びでした。まさに大人から子供まで十分に楽しめるアトラクションです。

アメリカの方にも人気のアトラクションです。ファストパスにも対応していますので、是非とも乗り忘れないようにしてください。

ソアリン




【2010/09/22 23:23】 | ディズニーワールド
トラックバック(0) |